天然水どれを飲んだらいいの?効果・種類別水の選び方

ミネラルウォーターの分類・どれが天然水なの?

お水は買う時代。

コンビニにいけば、色々なお水があります。

ペットボトルに入っているミネラルウォーターなら、全部がミネラルの入っている天然水だと思ってませんか?

実は、ミネラルウォーターには色々な分類があり、ミネラルウォーターといっても、天然のミネラルが入っていないお水もあるんですよ。

日本のミネラルウォーターの分類

1.ナチュラルウォーター

特定の水源から採水された地下水を原水とし、沈殿、ろ過、加熱殺菌以外の物理的、科学的処理を行わないもの。

2.ナチュラルミネラルウォーター

ナチュラルミネラルウォーターの中でも、ミネラルをもともと含む地下水を原水とした水
処理方法はナチュラルウォーターと同じ。

3.ミネラルウォーター

ナチュラルミネラルウォーターの中でも、品質を安定させるため、ミネラルの調整や複数のナチュラルミネラルウォーターを混合し、人工的に調整したもの。

4.ボトルドウォーター

1~3以外の水(純粋、蒸留水、水道水など)。処理方法の制限は特に規定されていない。

みなさんがイメージしている天然水に近いのは2のナチュラルミネラルウォーターではないでしょうか。

しかし、厳密にいうと、これも天然水ではありません。

日本では、水質の安全性から、どの分類のミネラルウォーターも加熱殺菌が認められており、なんらかの殺菌行為が義務づけられています。

本当の意味での天然水とは、地下水をなんの処理もせずに、そのままボトルに詰めたものでなければなりません。

非加熱の天然水

残念ながら、日本のボトリングされたナチュラルミネラルウォーターは、加熱殺菌されているのがほとんどです。

加熱殺菌が行われると、水の構造が変化し、体の働きを調整する生理活性能力が失われてしまいます。

最近はこのことが知れわたり、農林水産省も非加熱の水の販売を認めざるをえなくなり、安全性が確認されたものは販売されるようになりました。

ヨーロッパのナチュラルミネラルウォーターは「非加熱」

ヨーロッパの水に対する考え方は日本とは全く違います。

日本は清潔第一で、「殺菌を原則」としていますが、ヨーロッパのミネラルウォーターと銘打つ水は、「いかなる殺菌処理はしていけない」と義務づけています。

これは、加熱や消毒をすれば水の活性が失われてしまうからです。

ヨーロッパのナチュラルミネラルウォーターの基準は非加熱でかること以外に

・各国の公衆衛生を管轄する期間の審査と承認がある
・健康によいミネラル分を一定量保有している
・そのミネラルバランスがよい
・採水地周辺の環境保全が常に行われている
・地下の泉から直接採水され、添加物を加えずにボトリングしている

となっています。

ヨーロッパの「ナチュラルミネラルウォーター」は「非加熱」なので健康効果が高いと言えます。

フランスの「evian」「Volvic」などコンビニやスーパーでも気軽に購入できます。

天然水の選び方

ミネラルウォーターなら何でもいいという考えはやめましょう。

ミネラルウォーターには水の分類があることを知ったうえでラベルを確認してみましょう。

原産国が海外であれば「ナチュラルミネラルウォーター」であれば、非加熱の天然水です。

日本なら「ナチュラルミネラルウォーター」かつ「非加熱」が本当の天然水です。

しかし、日本のボトリングされたナチュラルミネラルウォーターで非加熱を探すのは困難です。

その中でも、通常120度で30秒ほど加熱殺菌をしているものが多いのに対して、低温で殺菌したり、125度で5秒の加熱にしたり、水の活性を失わないようにしている水もいっぱいあります。

水を選ぶ時、値段でなく加熱殺菌時間などメーカーに確認して、本物の天然水を選んでみましょう。