天然水どれを飲んだらいいの?効果・種類別水の選び方

非加熱の天然水とは


日本で販売している天然水は
加熱殺菌された天然水と
非加熱の天然水があるって
ご存知でしたか?
 

日本の天然水は加熱殺菌が多い

 
ヨーロッパなどの海外の
ナチュラルミネラルミネラルウォーター

の基準は
 
いかなる殺菌処理もしていない
 
となっています。
 
日本の
ナチュラルミネラルウォーター

農林水産省が発表している
ミネラルウオーター類の商品表示ガイドライン
によると
 
「ナチュラルミネラルウォーターターとは
特定の水源から採水された
地下水を原水とし、
地層中のミネラルが溶け出している水」

 
となっています。
 
また、抗菌を目的とした処理の仕方も規定され
 
「沈殿、ろ過、加熱殺菌以外の
物理的、科学的な処理を行った水は
ナチュラルミネラルウォーターと
名乗れないことになっています。」

 
日本のナチュラルミネラルウォーターは
衛生第一で、加熱殺菌されているものが
多いのが現状です。
 

非加熱と加熱殺菌どっちがいいの?

 
水は加熱殺菌してしまうと
水の組成が変わり
生理活性が失われてしまいます。

 
また、水のおいしさの決め手となる
酸素も炭酸ガスも失われてしまいます。
 
本当の天然水を楽しみたいのなら
やっぱり「非加熱」のものを
選びたいですね。
 
非加熱の天然水は
腸の粘膜を健康にしてくれるそうです。
 

非加熱でも安全ですか?

 
非加熱処理とは
 
農林水産省・厚生労働省の厳しい審査をクリアした事業者のみ許可される処理方法で、前提として原水が「加熱殺菌する必要がないほど良質で安全」である必要があり、水源・採水地が限定されます
 
厳しい基準をクリアしたお水なので
非加熱処理と表記されている
ナチュラルミネラルウォーターは
安心して飲むことができます。